s 仲介業者選びも家を高く売るための売り手の持つ条件により異なる
不動産は大事な財産

売り手の持つ条件

家を高く売るためには、仲介業者選びが重要になります。
インターネットの口コミや評価、知名度は一定の
参考になりますが、家を高く売るための仲介業者選びの
方法は、売り手の持つ条件によっても異なってきます。

所有している家が平凡で一般的な物件ならば、ほとんど
どこの不動産会社でも歓迎されるでしょう。

平凡で特徴のない物件ほど、売却が有利になる傾向があります。

リフォーム済物件

逆に、特徴のある物件は、仲介業者選びを慎重に行わないと、
高く売ることができなくなるかもしれません。

例えば、リフォーム工事を行って防音室をつけている物件は、
人によっては高い価値がつきますが、人によっては
価値がほとんどつきません。

一般的な物件に比べて、防音室がついている物件ならば
500万円を上乗せしても良いという人もいれば、
100万円の上乗せ価格でも買いたくないという人もいます。

そのような特徴のある物件の場合、仲介業者に実力がないと、
購入希望者を見つけることができません。

部屋のにおい

また、せっかく購入希望者が見つかっても、内覧の対応で
失敗をしてしまって、買い手がつかないということもあります。

部屋の掃除をしておらず、汚い状態だったり、
変なにおいがしたり、素人はちょっとした不安要素でも
購入を諦めてしまいます。

本格的なリフォームは必要はありませんが、なるべく
クリーニングだけはしておいて、部屋を綺麗な状態に
保つ努力をしておきましょう。

家を高く売るためには、さまざまな部分で気をつける
必要があるので、不動産会社の担当者とよく
相談をしておきましょう。

事故車の取り扱いについて

早く抑えたい何をすべきか