不動産は大事な財産

仲介業者

家を売るときのポイントは、仲介業者です。
仲介業者は、依頼主と契約を交わすと、様々な宣伝や
営業活動を行います。

その結果、買主が見つかり家を売ることができます。
つまり、家が売れるかどうかは、業者次第と言っても
過言ではありません。

仲介業者を見つける

それほど重要なポイントとなる仲介業者が信頼できないと、
家を高く売るどころか売ることすらままなりません。

悪質な業者だと、積極的に宣伝や営業活動をしてくれず、
他の物件を売るためのおとりにされることすらあります。

ですから、高く売るなら信頼のできる業者を見つけ
依頼しましょう。

信頼の業者を選ぶためには、まず得意分野を
見極めることが大切です。

業者には得意とする分野があり、たとえば一戸建ての
売買に強かったり、マンションの売買に強かったり
などがあります。

物件の宣伝

一戸建てを売りたいのにマンションが得意な業者に
依頼をしても、高く売ることは難しいです。

また、物件の形態だけでなく、建てられている
エリアに強味があることも重要です。

都市部に強いのか、それとも地方都市に強いのかなど、
強味を見極め売りたい家に合わせて最適な業者を選びましょう。

また、担当者となる営業マンの能力も、家を高く売るためにはポイントです。
実績のある営業マンに担当してもらえたら、強気に営業し
高く売ることもできます。

このように家を高く売るためには、業者の選び方が大事です。

業者を選ぶときには、比較をしながら選ぶと、
より信頼性は見極めやすくなるでしょう。


家売却の交渉ポイント

早く抑えたい何をすべきか